宝石を散りばめた指輪

輝きの秘密

透明で光を反射するものは輝き、人の目を惹きます。人の目を引くということは、鏡や水面に人の心が惹かれるというのはそれが原因です。鏡に同じ世界が映し出されていたとしても、その中にある世界はまた別物であるという意識がもたらされるので、異世界への通路としても捉えられています。宝石もまたその一つです。占いではよく水晶が使われますが、水晶の中では光が屈折し、異世界や未来が映し出されるとされるのです。そういった輝きに固執する人間の憧れを最も集める宝石がダイヤモンドです。この世で一番高い宝石とされ、婚約指輪や結婚指輪など、重要なアクセサリーにもよく使われています。しかも硬いので、建機の表面にもよく塗布されています。そういった性質も、大切なアクセサリーを作る際に用いられる要因です。鉱石は際限なく取れるというものでも無いので、もし使わないアクセサリーがあれば、リフォームして再利用したり、買取店で買い取ってもらい、必要な人へと渡すという手段を取った方が良いです。

ダイヤモンドは高額な宝石となるので、よく買取店に持ち込むという人もいます。そんなときは、証書を同時に持っていると良いです。水晶やロッククリスタルと勘違いすることもあるので、査定の時にがっかりしないようにするにはアクセサリーや宝石のことについては詳細に知っておいた方が良いといえるでしょう。ダイヤモンドの価値は4Cといわれる判断基準で価値が決まることが多いです。大きさはカラット、カラー、透明度はクラリティ、デザインの美しさはカットで判断されます。